儲け予想が立てやすいギャンブル

ギャンブルの倍率決定は非常に難しい

競馬や競輪など、賭式もかなり多くなっているギャンブルの場合、倍率設定は非常に難しいところがあります。高い倍率に設定されている場合は、本当に当たらないとされていることはわかりますが、低い倍率でも必ず勝てるというわけではありません。低い倍率の中には、賭式でも難しいものがいくつも含まれていて、とても大きな倍率よりも実は当たりづらいケースも有るのです。
オンラインカジノは、倍率決定を最初から固定していますので、固定されている倍率によってユーザーはゲームを考えることができます。ユーザーが簡単にゲームを考えていけるところが大きな要素で、オンラインカジノなら倍率の難しい設定を考えずに、お金を入れて遊ぶことができるでしょう。
逆に言えば、競馬や競輪は、大金を使えばその時点で倍率が劇的に下がってしまいます。大きく倍率が下がってしまうと、本来得られると思っていた配当よりも安くなってしまう恐れもありますので、倍率次第ではあまり得をしないケースもあります。

オンラインカジノは倍率が固定されている

日本で行われるギャンブルは、配当金の倍率が固定されていません。一部の賭式では、最大の配当が固定されていることはありますが、得られる金額の倍率が最初から固定される状況はなく、基本的には変動する倍率によって配当金が決まります。
オンラインカジノは、既に固定されている倍率が用意されていて、固定倍率の中でお金の配当が決まる形となります。つまり、日本で使われているギャンブルよりも、配当を考えやすい良さを持っています。

日本のギャンブルは変動倍率が基本

競馬で考えてもらうとわかりやすいですが、日本のギャンブルは変動する倍率を基本としています。倍率を変動させていることで、配当を小さくしたり高くしたりという方針を作り出せるのです。特定の馬に集中して賭けられているようなら、他の馬の倍率は一気に高まるようになり、配当が大きくなる傾向もあります。
一方でオンラインカジノは、固定されている倍率を採用しています。オンラインカジノが変動倍率を採用していた場合、ゲームのシステムが正常に作動しない恐れもあるので、ギャンブルとして成立しない状況も出てきます。最初から倍率を固定して、的中したら何倍の金額を返しますという状況がわかっていることで、最初から賭け金と配当を考えていけるのです。

倍率が変動するのは地方競馬等で大きな影響あり

オンラインカジノの場合、固定されている倍率によって、確実にいい配当を受け取れるようになります。これなら、問題なく配当金を考えて、どの倍率を狙っていけばいいのか考えていけます。
しかし、競馬などは変動する倍率を採用しています。中央競馬ではそこまで影響はないのですが、地方競馬やボートレースの単勝など、大口購入で一気に倍率が変わってしまい、突然1.1倍という全く儲からない配当もあります。大口購入をされた時の問題が、変動する倍率には大きく、購入する賭式や対象をしっかりと考えることになります。

他のギャンブルほどオンラインカジノは難しい設定がない

ギャンブルの中には、配当を決める倍率をかなり変動させている方法もあります。倍率の変動は、難しい設定を余儀なくされますし、初めてギャンブルを始める方にとって、あまりにも難しくて苦労するポイントになってしまうでしょう。
オンラインカジノの場合は、設定が難しくありませんので、簡単に遊ぶことのできるギャンブルとなります。既に固定されている倍率によって、配当まで考えてゲームを遊べることが大きいです。

オンラインカジノは倍率が変わらないから安心

倍率が変わってしまうことの問題で、他のギャンブルは安心して入金できない、なにより大金を使って遊べないと言われます。大金を入れてしまうと、場合によっては、倍率が10倍以上下がってしまい、1桁の倍率まで落ちてしまうからです。特に単勝に賭ける場合、一気に倍率が下がってしまい、1倍台にまで落ち込むこともあります。
オンラインカジノの場合は、大金を入金したとしても倍率が固定されていますので、得られる配当は変わりません。大金を入れても、2倍なら2倍、3倍なら3倍の配当にして返してくれます。この固定されている倍率というのが、非常に安心できるポイントとなります。
変わらない倍率は、とても安心できる要素になっています。これからオンラインカジノを始める方も、倍率が変わらないことのメリットをしっかり活かして、ゲームを進めていくといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です